海外生命保険による相続税対策

相続税対策として、生命保険を活用する方法は知られています。主として企業経営者が対象となっていますが、個人投資家の相続税対策としても有用です。

日本の場合、相続税の対象となるのは殆どが「土地」です。多額の有価証券や銀行預金を相続する人は余りませんが、先祖代々の土地の相続をする人は多くいます。十分に現金があれば良いのですが、土地はあるけど現金がない場合は相続税を納めることができません。

そのため、土地を切り売りして相続税を支払うことが多いのですが、代を重ねるたびに資産価値が下がってきますし、三代も続けば土地そのものが無くなってしまうこともあります。

このようなことにならないために、海外生命保険の活用をお勧めします。

相続税の金額によって加入する生命保険額も異なりますが、高額の相続税がそ予想される場合は死亡時受取金の額が大きな海外生命保険を検討するのも一つの手です。

海外には日本では考えられないような高額な生命保険がありますし、日本では加入できない高齢な方でも購入できる生命保険があります。

海外生命保険を利用した相続税対策に興味のある方は、当サイトまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る