過去の記事一覧

  • 相次相続控除

    相続税の軽減特例のなかでもやや特別な場合に該当するのが、相次相続控除です。これは相続人が取得した遺産のなかに、相続開始前10年以内に相続税が課税されていたものが含まれている場合について、本来支払うはずの相続税額から一定の…
  • 配偶者控除

    配偶者控除は、相続や遺贈により財産を取得した人が被相続人の配偶者にあたる場合に、一定の計算によって得られた金額を所得税額から控除できる制度のことで、相続税の軽減特例のひとつです。 配偶者控除の計算には一般的に下記の…
  • 未成年者控除

    相続税の軽減特例にはさまざまなものがありますが、そのひとつが未成年者控除です。これは、相続または遺贈によって財産を取得した人が、満20歳未満の未成年者に該当する場合に、相続開始の日からその人が20歳になるまでの年数に10…
  • 障害者控除

    相続税軽減特例のうち障害者控除とは、相続人の中に障害を抱える人がいた場合、相続税が軽減されるという特例のことです。これは障害を持った人の日常生活への負担を軽減させることを目的とした特例です。 これは、被相続人ではな…
  • 贈与税額控除

    相続税軽減特例が適用されると、支払う税金の額を減らす事が出来ます。それによって納税額が多すぎて困る、その後の生活に支障をきたしてしまうという事も防ぐ事が出来、現在では特例と控除、2つの制度を利用できる仕組みとなっています…
  • 基礎控除

    遺産を相続する場合、その金額に応じて税金を払う必要があります。その時に払う税金が相続税で、相続する人が納税する義務を負うものです。ただ、相続税はどの様な場合でも100%発生する物ではなく、相続する金額によっては非課税とな…
ページ上部へ戻る