基礎控除

遺産を相続する場合、その金額に応じて税金を払う必要があります。その時に払う税金が相続税で、相続する人が納税する義務を負うものです。ただ、相続税はどの様な場合でも100%発生する物ではなく、相続する金額によっては非課税となる場合があります。それが相続税軽減特例の中の一つ、基礎控除と呼ばれる仕組みです。

亡くなった人の相続財産のうち、決められた額までの相続であれば税金は発生せずに非課税扱いになる物です。この仕組みは、基礎控除よりも相続財産が少ない場合は全額が非課税となり、その控除額よりも大きな額の場合は、基礎控除額を超えた分に対してのみ課税対象とみなされる物となっています。

現在の基礎控除の額は3,000万円+相続人の人数×600万円で計算する事が出来ます。つまり相続人が1人の場合は3,600万円までであれば非課税、2人であれば4,200万円まで非課税となります。またこの計算の時の人数は該当する財産を相続する権利のある人数であり、実際に相続する人数とは違います。

関連記事

ページ上部へ戻る