未成年者控除

相続税の軽減特例にはさまざまなものがありますが、そのひとつが未成年者控除です。これは、相続または遺贈によって財産を取得した人が、満20歳未満の未成年者に該当する場合に、相続開始の日からその人が20歳になるまでの年数に10万円を乗じた金額を、その人が本来支払うべき相続税の金額から控除することができる制度のことです。

なお、年数に端数が出たときや、年数がそもそも1年に満たない場合には、税額の計算上は1年として取り扱います。また、未成年者控除ができる金額がその人の相続税額そのものを超えてしまう場合には、超えた部分の金額はその人の扶養義務者が支払うことになる相続税額から控除することができます。

もしも過去に同様の未成年者控除の適用を受けている場合には、二重取りになってしまうことを防ぐために、この計算による金額が認められないことがあります。以前の相続開始日から20歳までの年数に10万円を乗じた金額から、過去に未成年者本人および扶養義務者が実際に受けた未成年者控除の金額を差し引いたもののほうが少なければ、その金額が控除の対象となります。

関連記事

ページ上部へ戻る