贈与税額控除

相続税軽減特例が適用されると、支払う税金の額を減らす事が出来ます。それによって納税額が多すぎて困る、その後の生活に支障をきたしてしまうという事も防ぐ事が出来、現在では特例と控除、2つの制度を利用できる仕組みとなっています。ただ誰が相続するのかと言う事でも利用できる制度が変わることが有るので、その点について十分注意しなければいけません。

軽減特例の一つが贈与税額控除です。これは相続が発生した時点から3年以内に贈与財産を受け取った人が対象となる控除です。相続が始まる前より3年以内に受け取った贈与財産は、相続税の課税対象となります。しかし贈与を行った時にも贈与税を払っているため、相続の課税対象と言う事で税金を払うと二重で税金を納める事になってしまいます。その為、相続税からその分を差し引くという制度の事です。

実際に自分が相続する場合、相続税額控除を利用出来るかどうかが分からない場合は、税理士等に相談すれば詳しく教えて貰う事も可能です。

関連記事

ページ上部へ戻る