小規模宅地控除

軽減特例の一つである小規模宅地等控除とは、被相続人が住居として利用していた、または事業用に用いていた土地について、一定の要件を満たす場合に評価額が減額されるという特例です。要件によっては、最大80%まで減額されるケースもあります。ただし、相続開始前3年以内に贈与されていたり、相続時精算課税を選択した土地などは特例の適用外なので注意が必要です。

仮に被相続人が住んでいた家の敷地の相続税評価額が1億円だった場合、この土地に小規模宅地等の特例を適用すると2,000万円の評価で相続税を計算することもできます(要件等によりこのようにならないケースもあります)。

小規模宅地等控除の特例が設けられている理由は、被相続人が住居として利用していた、または事業用に用いていた土地は、相続人の生活基盤となる非常に重要な財産であるため、フルで相続税をかけてしまうと相続後の相続人の生活を脅かす可能性もあるためです。

また、このような土地評価は難しいケースが多く、専門におこなっていない税理士に依頼した場合、正しく土地評価をされなかったために相続税を多く支払ってしまっていることがあります。ただ、支払った後でも相続税が戻ってくるケースもあります。

詳細は、下記相続税還付金総合研究所のサイトをご覧ください。

ウェブサイトはこちら

ページ上部へ戻る