配偶者控除

配偶者控除は、相続や遺贈により財産を取得した人が被相続人の配偶者にあたる場合に、一定の計算によって得られた金額を所得税額から控除できる制度のことで、相続税の軽減特例のひとつです。

配偶者控除の計算には一般的に下記の計算式が用いられます。

(「課税価格の合計額」-「配偶者の法定相続分、または1億6000万円のいずれか多いほう」)÷「課税価格の合計額」×「相続税の総額」

法律に則った計算方法はやや複雑ですが、簡単に言うと配偶者が取得した財産の価額が1億6000万円以下の場合か、または「課税価格の合計額」×「配偶者の法定相続分」の金額以下の場合には、相続税がかからない仕組みになっているということです。

なお配偶者の課税価格としては、相続税の申告期限までに遺産分割がされていないものは除外されるため、この配偶者控除の適用を受けることが難しくなります。しかしこの場合であっても、税務署長の承認を受けて後から適用を受ける道が開かれています。

ページ上部へ戻る